消費者金融 審査

消費者金融で審査注意する事

スピード融資が一番のメリットである消費者金融は

  • 審査が早いのはもちろん
  • 融資手段も複数ある

ので即日融資の可能性が高くなっています。ですので自ら即日融資の可能性を低くしないように注意しなければならないことがあります。

早めに申込んで審査工程を走らせておく

用意できる提出書類は準備しておく

曜日・勤め先の営業・休業をチェックしておく

消費者金融の審査体験

自分は現在28歳の男性会社員をしております。自分は株、FXの投資のために資本金がほしいと思い、銀行にキャッシングを行って、負債の資産として、株を行うための軍資金にしたことがあります。

 

そのときに三菱東京UFJ銀行にインターネットで申し込みをしたことがあります。カードローンとして銀行から100万円を借りることができました。金利は約8%でした。

 

もし、これを一般消費者金融にキャッシングをしたのであれば、おそらく、国が定めている最高の金利、18%だったと思います。そしてなぜ銀行の方が金利がやすく、一般の消費者金融は金利が高いかといいますと、自分の解釈もありますが、やはり銀行は人々に貢献することを意識している金融です。

 

利益も大事ですが、国民が裕福に生活ができるように、金利も安いのです。ですので、車のローンや住宅ローン、個人商店の開店なども、低金利でお金を融資してくれます。

 

ただし、金額が500万、1000万と膨らんでいけば、保証人や担保などを用意する必要があります。そして、銀行系カードローンは、生活費やギャンブルの軍資金など、私利私欲のために使おうとしている消費者には基本的に融資はしてくれません。

 

数年前にお金を借りることができる限度額は国が定めた年収の3分の1までをしっかりと遵守します。それゆえに、審査も厳しく行い、それが銀行系の堅実さであり、国民の信用を勝ち取っております。

 

銀行系の審査で注意することはそれを知らずに審査の申し込みを行うとまず落とされると思うので、時間の無駄だと思います。そして、アコム、レイク、プロミスといった一般の消費者金融は基本的に自分の会社の収益しか考えておりません。

 

ですので金利が18%と高めで、審査も甘めで、他社に借り入れがあったり、3分の1を多少越えても融資をしたり、消費者が設定した限度額よりも、もう少しあげることができますといって、限度額の上乗せなどを行って利益を得ようとしてくるのです。

 

それゆえ、ギャンブルの軍資金や遊び金目当ての申し込みであっても融資を行ってきます。銀行系か一般消費者金融系かどちらがいいかは、その借り入れを行おうとしている人次第だと思います。

 

消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査消費者金融 審査